REPLYe/リプライエ
My sustainable wooden house
家づくり

自然素材と照明

なかまき
なかまき
自然素材で建てた家に合う照明とは、いったいどのようなものがあるのでしょうか?

木や漆喰を使った家では自然素材の空間ならではの、光の広がりと吸収が感じられます。

ホーロー製、スポットライト、ダウンライト〜北欧のデザイナーズの照明まで、コストバランスも考えてひと通り使ってみました。

日中は照明いらず

西面以外は住宅に囲まれているわが家は、自然な光を取り入れやすい2階の西側をリビングやダイニングにしました。

日没の時間になるまで、曇りや雨の日以外に照明を点けることはありません。

LDKの壁は真っ白なスイス漆喰の壁に、陽射しが乱反射して明るく見えるのでしょうか。

友達の子どもたちが来ると、「この家はいつも電気を点けていないのにとても明るいね」と言います。

そして、陽が落ちて照明を点けると、とてもあたたかな光が部屋に広がります。

元々は屋外に使われることが多いマリンランプが好きで、室内にもいっぱい使おうと思っていました。

しかし1次プランで予算も膨らみすぎていたため、照明器具は後からでも変えられるし、とそこまで執着しませんでした。

「LED(電球色)のクリア電球をそのまま磁器製の電球ソケットに付けるのも、シンプルでいいよ」と建築士さんに勧められ、直接電球を見ない様な高さにあるものはその通り変更しました。

こんな感じです。⇩

裸電球を付けてその上に、拾ってきた枝とかで自由に照明カバーを作っている家を見たこともあります。

いずれ子どもと一緒に、照明カバー作りに挑戦してみても面白いかなぁ、と思っています。

素材によって変わる明るさ

20年以上前にドイツに行った時、戦後まもなくに建てられ住み続けられてきた建物で3週間位滞在することがありました。

個別の寝室は明り採りの窓以外はデスクランプもなく、どの部屋も少し暗いくらいでした。

みんなが集まって食事をするテーブルの上や料理する手元をスポットに照らすだけなど、夜に必要な所にしか照明がありませんでした。

今では日本でも当たり前にあるタイプですが、廊下の照明も点けて数分もすれば自然消灯して暗くなる所なのに、私にとってはとても居心地が良かったです。

私は視力が悪かったこともあり、子どもの頃からとてもまぶしさや光に対して敏感でした。

それまでの生活がほぼ蛍光灯のシーリングライトか、学校の天井のむき出しの蛍光灯が当たり前だったので、その時のことがとても印象に残っています。

この20年で4回引っ越ししていますが自分の光の好みは確立され、照明器具は日中の自然光を補助するものとして捉えています。

夜は照明によって、とても部屋の雰囲気が変わります。

漆喰の様な白色で光の反射率が高い素材を使っていたら、照明の数も付けすぎないように気を付けたいところです。

今の家では窓のレイアウトだけではなく内装の仕上げ方により、明るさが変わることも実感する様になりました。

壁に使ったスイス漆喰は陽射しを取り込めれば日中はとても明るい、ということを他の家に行って知っていました。

ですので、なるべく照明の数を減らしてもらえる様に建築士さんに依頼していました。

部屋の用途によって「照度」という基準があり、これ以上は減らせませんという最小限のものに抑えました。

今の照明プランでもし暗かったら、必要に応じてフロアランプなどを増やそうかと話していましたが、実際に暮らしてみると予想以上に明るかったです。

夜になるとポツンポツンとある照明が壁に反射することで光が広がり、クロスの空間では得られない間接照明のやさしい光が感じられます。

やさしい光といえば、わが家には洋室ですが居室と広縁を障子で仕切った部屋があり、暑い日や寒い日は障子で仕切ってエアコンを効かせています。

その部屋では障子が広縁にある大きな窓から入った明るい自然光を、障子の和紙を通して程よい明るさで部屋に届けてくれます。

部屋別の照明

木とタイルのお風呂の照明

お風呂はお風呂で自分なりのこだわりというか譲れないものがあって、浴槽はホーローで上部の壁と天井はヒバの木を貼って、残りはタイルで仕上げています。

そこにお風呂といえばなんかどこに行っても同じ様なカバーのついた照明を入れるのはイヤで、かといってダウンライトみたいな演出もお風呂ではいらないかなぁ、ということもありマリンランプ一択でした。

マリンランプはもともと船のデッキや通路に用いられていた堅牢性のある照明です。

ガラスカバーを通して真鍮(しんちゅう)の枠の影も広がる灯りが、木の光を和らげる効果と相まって、なんともいえない雰囲気です。

お風呂以外にも今のクリア電球+磁器ソケットのものから、マリンランプに変えたい箇所がいくつかあります。

ちなみにお風呂から見える小さな庭に変化のある春と秋は、外の照明も点けてのんびり入浴しています。

寝室の照明

家を建てる時はまだ子どもが小さくて早く眠りにつける様に、ひとまずは21時前後には毎晩一緒に寝室に向かっていました。

主寝室を設計する際に建築士さんから、ベットで読書するならアームライトがあった方がいいと勧められ、付けてもらいました。

周りの睡眠を遮るほどの明るさの広がりはなく、手元だけに灯りがくるのはとてもいい感じです。

枕元の壁面にはパイン材を貼り、そこの真ん中にアームライトを付けています。

主寝室には他にも、小ぶりなホーローのペンダントライトも付いています。

照度が低く間接照明の様な光で、ほのかに小さな空間を照らすのがとてもきれいです。

さらに調光できる様にしていて少し暗くすることで、子どもが早めに寝たがらない日はベッドに連れて行き、話しながら眠りに誘う様にしていたりします。

こちらもスイス漆喰で仕上げているせいか日中はほとんど照明が必要がなく、付けることがありません。

この2つの照明とキッチンのペンダントライトは、自然素材とは相性の良い照明が多い芦屋のflameさんのものになります。

flameさんには予約して天井高の分かるものや平面図などを持って行きましょう。

より詳細な説明を聞くことができます。

キッチンの照明

新築を計画し始めた時に照明の本を読んだり、好きな北欧ブランドの照明の施工例をネットや雑誌で見たりして夢を膨らませていました。

次第に予算を認識して現実的になり、居室よりはLDKの照明をどうするのかばかり考えていました。

マンション暮らしの時はキッチンライトが蛍光灯で明るすぎる様な感じがあり、料理が終わったらさっさと消していました。

食事をする時は食卓の上の明るすぎない照明だけに切り替えて、リビングはテレビなどを見ることがなければ付けることもありませんでした。

今のキッチンは友達が来た時などに料理をしながらでも話せる様に、料理スペースの対面が気持ちばかりのカウンター式になっています。

その上にペンダントが2つでその灯りだけだと暗いので、更にスポットライトを点けて左右から手元を照らせる様になっています。

「今はいいけれど、歳をとったら手元が見えづらくなるかもしれないから」という建築士さんのアドバイスで、可動式になっています。

やっぱり使いたい北欧ブランド

そしてダイニングには、あれこれ悩んだ末にLouis Poulsen ルイスポールセンPH5のグリーンにしました。

無垢のケヤキのテーブルや、これまた悩んだイスとの兼ね合いはイメージしていたよりもずっと良かったです。

そしてダイニングには他の場所にはなかった、テーブルの上の何センチに照明をもってくるかというテーマもあります。

料理が好きだったり食事の時間を長く楽しむ人は特に、これくらいの高さがいいっていうのがあって、ネットにその照明の種類と高さを書いていたりします。

PH5を選んだことで直接電球の光が目に入らず、暗がりが好きな私の場合は結構低めで良いと思っていたので60センチを候補に挙げました。

しかし建築士さんの経験から70センチが良いのではという提案があり、実際に吊ってみて最終的にテーブルの上70センチとなりました。

他の照明だったら、また高さは変わったかもしれません。

家を建てる時に決めることがありすぎて、最終の部分になってくる照明や家具にたどり着くまでに力尽きてしまいそうになります。

しかし、ここも選ぶのにテンションが上がるところですから、体力を残して悩みに悩んで下さいね!





ABOUT ME
なかまき@リプライエ
1999年よりドイツ・スイスのエコロジー建材を扱う専門商社で、営業とマーケティングに従事後、フリーランスへ。実際に見学したエコロジー建築や自然素材の家づくりとその周辺情報を発信しています。
ひとと環境にやさしい家造り「REPLYe」

REPLYe|リプライエでは、今から自然素材での家づくりに踏み出そうとしている中で、家づくりの方向性や建築業者・素材選びに悩んでいる方への無料住宅相談も承っています。

住宅相談をする